2005年08月28日

日帰り旅行

学部のときに、仲良くしていた4人組で、
千葉へ旅行してきました。
行ったのは、千葉市動物公園と、ガーデンウォーク幕張。
久しぶりに、4人揃ったので、当時に戻ったような気がして、
非常に楽しかったです。

続きを読む
posted by Tomo at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

最近、注目の人は?

タイトルの内容は、良く聞かれる質問です。
古くは、『TRY ME』より前の安室、
近くは、デビュー直後のBoA、その他に松浦亜弥など、
ブレイク前の匂いを嗅いできたTomoですが、
最近では、タイトルの質問にmelody.と答えてます。
デビューのときから好きで、アルペンCMに採用されたときには、
キターー(・∀・)ーーーーなんて言ってたもんです。
まぁ、そのときは不発でしたが・・・。
今回のドラマ主題歌は大きいかな、なんて思ってます。

その次っていうと難しいのですが、
長澤奈央は、けっこう良い気がします。
あと2、3年はかかるかなぁって感じです。

posted by Tomo at 10:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

Falling

知ってるよ ガキじゃないんだし
見境無く求めてしまえば
誰よりも自分が傷つくことを

それでもさ 止め処ない鼓動が
期待と不安の混ぜ物が
この胸を覆いつくしているから

君の好きな曲を聴いて
センチメンタルな空気に酔って
君の見ているドラマを見て
今度ダメ出ししようなんて考えて

眠れない夜に幻影を抱いて

何もないソラに求め続けて

そんな無駄とも思える感情を

僕は恋だと呼び続けている
posted by Tomo at 11:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 抒情詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

Right

確かにね 今思えば
間違った選択だってたくさんあったよ
だけど それは 今だから言えること
その瞬間は 精一杯悩んで
戦って 守り抜いた選択だったじゃない

もちろん 今ってさ
ものすごく居心地が良いと思ってるよ
だけど それは 今だけかもしれなくて
その瞬間は 永遠じゃないって
認めて 前に進まなきゃいけないじゃない

明日まで絶対に持っていけるのは
今の自分と明日に描いた自分だけだから

踏み出して 逃げないで
まだ終わりを感じるようなトキじゃない
もう一度 前を向いて
間違いもせずに解る正しさなんてないんだから
posted by Tomo at 14:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 抒情詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

エンターテイメント

昨日は、近くでお笑いライブと引田天功のショーがあったので、
見に行って参りました。

お笑いのライブは整理券が取れなかったため、
少し遠い位置からの観覧。(野外だったので見れたのです)
そのせいで、ネタがほとんど聞こえない。
その上、雨までパラついちゃって、テンションも微妙に。
それでも、最後まで見てきました。
続きを読む
posted by Tomo at 13:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

Bye-bye

振り返れば 笑顔の君がいて
それに少なからず喜ぶ僕がいて
過去に何も罪は無い
それでも 2人はここから別れ行く

変わることに臆病になるのは
その先の僕の瞳から
君が消えるかもしれないからでしょ?
でも それじゃ未来は来なくて
僕は僕じゃなくなっちゃうから

もし 変わりゆく2人の道が
どこかで交わったとしても
この選択は間違いではなかったと思えるから
遠回りをしたからこそ
道が途切れずに歩けたのだから

だから 今は ね・・・バイバイ
posted by Tomo at 11:58| Comment(2) | TrackBack(1) | 抒情詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

三十にして立つ

良く40歳を不惑の歳と言いますが、
「十五にして学に志す」から、
「七十にして心の欲する所に従いて、矩を踰えず」まで、
節目の歳に、それぞれ言葉があるわけです。

さて、僕が次に直面する節目、それは30歳。三十路です。
ここで僕は立たなければ、ならないわけです。
つまり、残りの20代を立つために尽くさなければならない
ということになります。

では、「立つ」とは何か。
これを考えるために「立っていない」とは何かを考えると、
市場価値がない人ではないかと、僕は思っています。
どんな人が市場価値が無い人かと言うと、
他一般と何も変わらない人、つまり、個性のない人、だと思います。
仕事であれば、「是非とも一緒に仕事をしたい人」
と思われないといけないわけです。
恋愛対象の男性としては、「他の人にはない魅力がある」
と言われなければならないわけです。

具体的な目標が決まりましたので、次は方法論です。
続きを読む
posted by Tomo at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

ただいまです。

帰省から戻りました。
8月の頭に、今後の生活を左右する選択を迫られ、
一人の時間を、その思考に費やし、
そして、そのまま帰省してしまったため、
更新が滞ってしまいました。
はい。そうです。言い訳です。

帰省中も色々とあって、
考えることが逆に増えたような気もしますが、
忙しい中、予定を合わせて下さった方々に、
深く御礼申し上げます。
お蔭様で、楽しい時間を過ごすことができました。
もう、まとまった休みで帰省できるのは、
おそらく、今年の暮れから正月だけでしょうが、
そのときも連絡させていただきますので、
是非とも、かまってあげて下さい。

おそらく、今日からは、
また細々と更新していくつもりなので、
どうか、よろしくです。
posted by Tomo at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

自信を持つということ

社会生活において、自信がいかに大切であるか、
ということは議論の余地もないだろう。
そして、自信を持つということが、
『自分をどれくらい好きであるのか』に、
その基底を委ねていることも揺ぎ無い事実である。

さて、程度はさておき、
自分を好きでいるのには、チカラが要る。
たとえば、ある志望大学に受験で失敗すれば、
高校生活を振り返り、遊んでいた時間を洗い出し、
「何故あの時、勉強しなかったのだろう」
と、少なからず悔やむものである。
自己嫌悪の念も、そこに付随してきてしまう。
ここで、「無駄な時間など1分たりともなかった」
と言えるのであれば、それはチカラがあることに相違ない。
しかしながら、もし合格しているのであれば、
無駄な時間が過去に存在していたとしても、
自信が揺らぐことなどは決してない。
それは、運を引き寄せるチカラや、要領の良さというチカラが、
その人に備わっていたことに起因する結果だからである。
続きを読む
posted by Tomo at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

第一人称で話せない人

最近、「俺の友達が○○したんだよね」とか
「うちの親が○○って言ってたんだよねぇ」とか
自分じゃない人が何かをした話を
誇らしげに話す人が多くなったような気がします。
それは、僕の周りの環境がそうなったのか、
日本全体がそういう傾向にあるのか、
残念ながら理由は定かではありませんが。

大切なのは、聞いてどう思ったのか。
「それで、あなたは?」と聞きたくなってしまいます。
当然、聞いても、うわべだけの答えしか返ってこないのですが。
自分のことしか話せないという人は、
基本的に付き合うのが難しく、
嫌われてしまうこともしばしばあります。
しかし、僕は、自分のことを話せない人よりも、
自分のことしか話せない人の方が、ずっと価値があると思います。
なぜなら、その人の言葉は、その人だけのものだからです。
続きを読む
posted by Tomo at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。