2005年11月28日

映画バトン

・Total # of Movies I Own (所有している映画の本数)
A.基本的には、見たら捨てるので、ストックは10本前後かな。
  
・The Last DVD I Bought Was (最後に買ったDVD)
A.映画ではないんだけど・・・Oh!Mikey-HARDCORE-
 ブラックジョークが好きな人にオススメ。ちなみに、僕は全巻所持。

・Movie That I Played Last Time (最後に観た映画*1 )
A.レビューもしているけど『大停電の夜に』

・Five Movies That I Watch A Lot, Or That Mean A Lot To Me
(よく観る、または特別な思い入れのある5本)
A.基本的には、同じ作品を何度も見ることはないけど
『レオン』
  ジャン・レノも、ナタリーも、この作品で好きになった。
『メリーに首ったけ』
  内容よりも、見たシチュエーションに思い入れ。淡い思い出だね。
『スピード』
  1人で映画館デビュー作。これが孤独の始まり(笑)
『ネバー・エンディング・ストーリー』
  記憶にあるアニメ以外の映画館デビュー作。  
『アイ・アム・サム』
  ダコタ伝説はここから始まったと言っても過言ではないでしょう。  

・Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)
A.これを見て、やってもイイかなって思った人。
 よろしくお願いします。
posted by Tomo at 23:00| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

実験失敗

思ったような結果が出ず、これから再実験。
火曜までには、何とか数字を出さないと・・・。

でも、やっぱ、研究はキライじゃないなぁ。
posted by Tomo at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

大停電の夜に

東京タワーの源孝志監督が贈るクリスマス・ムービー。

東京、大都会、クリスマス・イブ。
1人1人にドラマがある夜に、大停電が起きる。
それぞれが、小さな灯りの元に織り成す、
一夜だけの特別なラブストーリー。
思い思いの夜が更け、そして明けていく。

大停電といっても、パニックムービーではなく、
そういった意味では、ファンタジーであり、
大人の映画といえるのかもしれない。
そう。ファンタジーだと思えば、
この作品が、より輝いて見れる。
なんといっても、世界のナガタが撮影した、
明と暗のコントラストを巧みに使った独特のタッチが、
本当に素晴らしかった。
もしかしたら、家庭用のTVでは、映しきれないかもしれない。
ストーリーは、多少の強引さもあるけど、
クリスマスのファンタジーだと思えば、それも悪くない。

あとは、背景を多く語らないそれぞれのドラマ。
それを演技派の役者達が、表情だけで見せていく、
といった形が、好き嫌いの別れるところなのかもしれない。

今の生活と昔の恋。
子供が出来ても、家庭に入っても、
過去は消えてしまうわけではない。
好きな人は、きっと死ぬまで好きな人のまま。
誰にでもいる一生忘れられない人。
切なさと共に、心温まる作品になっていると思います。
posted by Tomo at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

正しさって何?

例えば、彼氏が合コンに行ったら別れるけど、
私は行くよ。もちろん、黙ってだけど。
という女の子がいたら、僕は迷わず、
ワガママだなぁって言う。

例えば、洋服を買いに行って、
手に取るものを端から広げたりすることってあるけど、
逆に自分が働いていたら、僕は迷わず、
迷惑な客だなぁって言う。

これって、本質的には一緒のことなんだと思う。
違うのは後者は、『客』だから許されるっていうだけ。
嘘をつくのは、モラルに反するから、
前者は悪いっていう気がするけど、
例えば、40km制限の道路を1kmでもオーバーしたら、
罪悪感を感じるのか、って言ったらそれも違う。
何かに違反してないっていうだけでは、説明がつかない、
『正しさ』みたいなものが、どこかにあって、
それを基準に、善悪を判断しているような気がする。

その『正しさ』が曖昧な自分が気持ち悪くて、
整合性のない基準に説明をつけたくて、
ときどき、ボーっと考えてたりします。
posted by Tomo at 11:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

当たり前のことなんだけど

先日、違和感を感じたので確認も込めて・・・。

仕事をしない人よりも、する人。
仕事をする人よりも、出来る人。
仕事が出来るだけではなく、仕事を見つけられる人。
見つけられるだけではなく、他人にも声をかけられる人。
声をかけられるだけではなく、指示が出来る人。
仕事の指示をするだけではなく、仕事を作り出せる人。

クリエィティブな部分を持つ仕事であれば、
どんなものにも当てはまると思うんだけど、
どうも、この流れが解ってない人がいるみたい。

上にいけば行くほど仕事が少なくて、逆は責任が増えていく。
確かに、仕事が少ない=楽が出来る・・・には間違いないけど、
楽をしている人=得をしている人・・・ではないでしょ?
そりゃ、仕事の量と収入は比例しないけれども、
仕事を作り出す喜びは、プライスレスな価値があるでしょ?
その価値には個人差があるから強くは言えないけど、
少なくとも、楽をしている人=賢い人・・・ではないでしょ?

こんなことすら解ってない人が、
解っている人間(と言っても普通の人)に向かって、
罵声を浴びせているのを見たので、いかがなものか、と。
傍から見ていて、可哀相だなぁ、と思ってね。
罵声を浴びせられる方も、浴びせている方も、さ。
posted by Tomo at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

最近、気づいた自分のこと

・仕事のできない人が嫌い

・なんだかんだで、けっこう忙しい

・金のゆとりは、心のゆとり

・計画的なのに、想定外の支出に寛大

・むしろ、金に執着しない

・休日はまったりが好き

・音楽の好みが変わってきた

・そして、やっと気づいたこと・・・僕は≪アヒル口≫でした
posted by Tomo at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

ENDLESS

君が・・・
    歩く限り
       求める限り
そして
 あきらめない限り
何も 終わりはしないよ

昨日の君がいるから 
      今日の君がいる
だから 明日の君に
  今日の君はいるはずもなくて
今日を重ねた君がいる

同じように
   昨日の君は今日とは違う
 あのとき
   こうしておけば・・・
         というのは
昨日を重ねた今日の君の考えだよ

全ての過去を重ねて
     今日の君ができていて
全ての未来は
     今日から伸びていく・・・
今日、欲しいモノは
     今日だから欲しいモノで
悲しい時間や
   楽しい瞬間を
刻みつけた君が欲しいモノ

今日の選択が
   過去として君に重なり
      明日の君になっていく
今日の君が
   抱きしめているモノだけ
      明日の君に与えられるモノ
終わるというのは
   抱きしめたいモノから
      目を逸らしてしまうということ
モノが動き回っていたなら
   耳を澄ましてコエを聞いて
      目を凝らして探してみて

       もしかしたら
   いつか君の胸に
モノが飛び込んでくるかもしれない 
   だから
     あきらめないで
終わっていないものを
     終わらせることはしないで
明日は今日が重ならない限り
     何も見えてこないのだから
posted by Tomo at 20:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 抒情詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

fo(u)r

【CHEMISTRY】fo(u)r

CHEMISTRYの4thアルバム。Fo(u)rです。
彼らの楽曲は、他のJapaneseアーティストとは一線を画した、
クオリティーを誇っていますが、今回は本当に名盤です。
彼らも発売前のインタビューでコメントしていますが、
あのメガヒットになった1stのような勢いを感じます。
実は、2ndと3rdは、楽曲のレベルは高くても、
イマイチ好きになれなかったというか、
ヘビロテで回すような感じではなかったのですが、
今回は気がつくと、ずっとRepeatしてしまいそうな雰囲気です。

二人が、二人にしか出来ないハーモニーを求めた作品。
一聴の価値アリです!
posted by Tomo at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

TMSF(TOYOTA MOTOR SPORTS FES.)

P1000009.jpg

行ってきました。富士スピードウェイ。
スタッフとしてですが。

一言で表すなら「大変だった」ですが、
今となってみれば、「楽しかった」ですね。
概要はコチラに任せるとして、
やっぱりイベントは良いな、と。
祭りはいいね、と。そんなとこです。

このイベントだけのせいじゃないけど、
色々と後回しにしてしまったものが溜まっているので、
今月の残りは必死です。頑張ります。
posted by Tomo at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

ALWAYS 三丁目の夕日

同名コミックを映像化。
昭和の良き時代を今に伝える作品。

昭和の東京下町、戦後10数年、
そこは、夢がたくさん詰まった場所だった。
建設中の東京タワーの下で、
愛と現実が、日常の中に溢れていた。
地方から集団就職してきた少女を中心に、
その周辺に繰り広げられる人間ドラマ。
それは、当時の日本では当たり前の光景。
その一つ一つが、今を生きる視聴者に、
懐古の情と涙を届けていく。

これは、新しい時代の人情ドラマだね。
寅さんに負けずとも劣らない感じ。
何がすごいって、映像美。
SFXとは思えないリアリティが、
ジリジリジリジリ、見る者を昭和の世界に、
引き込んでいく、言葉で表現できないチカラ・・・
それが、この作品からは感じられたね。
もちろん、エンターテイメント性は低いよ。
確かに、号泣映画なら他にもあるよ。
でも、この作品の良さは、そんなとこじゃない。
まるで、街のある家に届いたTVを、
映画館で同席した人達と見ているような、
そんな作品と自分との一体感が、
きっと、あなたの胸を締めつけるはずです。

久しぶりに、胸を張ってオススメできる1本です。
posted by Tomo at 23:00| Comment(3) | TrackBack(8) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

浮気も不倫も文化

男と女がそこにいて、
求め合うのに理由が要らないのに、
咎めるには理由を探すのは、
そもそもナンセンス。

もちろん、そのあとの責任とか、
二人で解決出来るのなら・・・ですが。

そもそも、文化とは、
【過ちが築きあげた正解】なのだから、
浮気や不倫が黙認されるようになれば、
今の常識が過ちになり、
新しい文化が生まれることに・・・。

でもね、それくらい自由な世の中で、
もし、たった一人の人を見つけられたのなら、
それこそ、本当に運命の人なんじゃないかな?!
って、思ってみたり・・・ロマンチスト過ぎ?(笑)
posted by Tomo at 23:00| Comment(3) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

風邪でダウン

一日中、睡眠&発汗。
みなさんも気をつけて下さい。
posted by Tomo at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

テクノフェアに向けて

11月のバイトで唯一、予定が決まっている
テクノフェア出店のお手伝いの打ち合わせを軽くしてきました。
と言っても、話題になったのは数分で、あとは雑談。
仕事内容も、給与規定も、何も打ち合わせていません。
でも、そんなアットホームな感じがスキ。
なんでもアリちゃ〜アリ?!

久しぶりにサークルにも参加。
やっぱ、足イタイ。無理はしないでおこう・・・。
posted by Tomo at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

コンタクトレンズ

ナンダカンダで、4年近く使ってしまったらしく、
傷だらけになってしまったレンズを交換。
日曜に届くらしい。
それと、miniSDカードを購入。256MB。
日常生活には十分でしょ。
これで2000円弱なら安い。安い。
そうそう。ずっと欲しかった迷彩のパンツも購入。

バイト代・・・どんどん飛んでくぅ。
posted by Tomo at 23:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

ケコーンバトーン

zcamから廻ってきた。
やりますよ。更新、滞ってたしね。

Q1:結婚したい?
そうだね。子供も欲しいしね。

Q2:何歳くらいで結婚したい?
あと、2,3年の間にはしたいかも。 

Q3:結婚相手に求めるものは?
僕という人間の理解。つきつめれば、アイデンティティ。

Q4:子供は何人欲すぃ?
男1人、女1人

Q5:相手の浮気が発覚しちゃった。どうする?
次からは、バレないようにして下さい。と、言う。

Q6:夫婦円満の秘訣は何だと思う?
相手を必要だと思い、かつ、干渉し過ぎない。
 
Q7:結婚したら仕事やめる?相手にやめて欲しい?
僕は働くよ。きっとね。逆タマだったとしても。
だから、相手のことも、とやかく言わない。
好きにしたらいい。

Q8:結婚生活に求めるものは?
税金等の優遇処置。世間体の良さ。
 
Q9:新婚旅行で何処行きたい?
僕の故郷、イタリア。

Q10:したい、またはされたいプロポーズの言葉は?
それは、内緒。ここに書いたら、モッタイナイ。
 
Q11:次に回す人
バトンを真上に投げるから、受け取りたい人が受け取って下さい。
posted by Tomo at 11:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

つくばスタイルフェスタ終幕

昨日で終わりました。
1ヶ月で、トータル10万ぐらいかな。
金だけのために・・・と割り切ったバイトだったけど、
それでも良い人生経験になったよ。
色んな人に出会えたし。自分の幅が広がった気がする。
就職するまでだもんね。こんな生活。
また、機会があれば、どんどん外に出たいと思いました。
posted by Tomo at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。