2005年10月07日

幸福追求権と公共の福祉

憲法の解釈は、見解が分かれるところなので、
何が正しいというのは困難です。
また、一見矛盾しているような内容を、
両立させるような「○○論」などが
その分野の学者から提唱されていますが、
個人的には、それもナンセンスかと。
時間や人が変われば、揺らいでしまう憲法も
いかがなものかと思いますが。

さて、タイトルを読んでどんな風に思いましたか。
矛盾・・・感じませんか?
続きを読む
posted by Tomo at 10:46| Comment(6) | TrackBack(4) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。