2005年07月26日

第一人称で話せない人

最近、「俺の友達が○○したんだよね」とか
「うちの親が○○って言ってたんだよねぇ」とか
自分じゃない人が何かをした話を
誇らしげに話す人が多くなったような気がします。
それは、僕の周りの環境がそうなったのか、
日本全体がそういう傾向にあるのか、
残念ながら理由は定かではありませんが。

大切なのは、聞いてどう思ったのか。
「それで、あなたは?」と聞きたくなってしまいます。
当然、聞いても、うわべだけの答えしか返ってこないのですが。
自分のことしか話せないという人は、
基本的に付き合うのが難しく、
嫌われてしまうこともしばしばあります。
しかし、僕は、自分のことを話せない人よりも、
自分のことしか話せない人の方が、ずっと価値があると思います。
なぜなら、その人の言葉は、その人だけのものだからです。
続きを読む
posted by Tomo at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。