2005年07月19日

ヴィレッジ

連日DVD第3弾。
シックスセンスで“失速センス”の
シャマラン監督の話題作「ヴィレッジ」です。

心に傷を負った大人たちが築き上げた理想郷。
そこは、人の愛だけが存在していた。はずだった。
その理想郷を守るために、
創設者たちが行った「取り決め」
森の中の「彼ら」と「街」、そして「村」。
3者の関係と、その中で見え隠れする人間の本質。
悲しみの中にこそ、光る愛があると教えてくれる作品。

ストーリーだけなら、はっきりいって駄作。
そんなことは承知の上のこと。だって、シャマラン監督だもん。
でも(だから?)、この作品の見所は、そんなところじゃない。
人間の感情を独特の視点から浮き上がらせている所や、
「村」という理想郷で描かれる日常的な非日常、
閉塞感と恐怖感と、それを引き立たせる映像美。
映画慣れした人じゃないと「つまらない」と言ってしまうような
そんな見所が、この作品の良さです。

考えることが好きな人にはオススメ。だけど、
「映画はエンターテインメント」と思ってる人は、
見ない方が良いと思います。
posted by Tomo at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。