2005年06月18日

JOKER

各方面から注目を浴びているJanneDaArcNewアルバムです。

定期的にリリースをしている『アーティスト』には、
『自分のための作品』というものを作る日が、
一度はあるのではないかと思います。
ファンの1人として、これがJanneDaArcにとってのソレに
なるのではないかと感じております。

がむしゃらに出来ることをまとめた作品、
自分たちを知ってもらうための作品、
その時期にリリースした単発ものを集めた作品、
あるコンセプトに沿った作品、
過去の作品を少しずつピックアップした作品・・・
作品には、色々な意図が含まれているはずです。
でも、いつか上記のような刹那的な意図ではなく、
本当の意味での『自己満足』を実現するための作品を
作りたい、作らなければならない、と、
思うはずであると、僕は考えるのです。

もちろん、彼らはこれからも音楽を続けていくと信じていますが、
1つの区切りとなる作品であることは間違いありません。
僕が中高生の時から応援しているアーティストは、
『リ・スタート』がキーワードになっている方たちが多いのですが、
JanneDaArcもご多分に漏れず、その時期なのだと思います。

シングル以外で、僕が注目のトラックは・・・全部です♪
というのも、全てがジャンヌらしい楽曲で、
『もし、ライブ会場で聴いたら・・・』とか考えてしまうと、
全てが欠かせない楽曲になってしまうのです。
・・・でも、一応、CDレビューというコンセプトで書いているので、
『部屋で聴く』というシチュエーションに絞って選曲させていただきます。
そうなると、『I'm so happy』なんか良いのではないでしょうか。
YASUのキレイなハイトーンが心地よい
『Heaven's Place』系のラブバラードです。

とにかく、『自己満足』を凝縮させた作品なので、
曲順や曲目のバランスは抜群に良いです。
最高傑作と胸を張って薦められます。
posted by Tomo at 02:10| Comment(16) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。