2005年06月09日

さすが中田だね。

下の酷評に書いたようなことを英さんも言ってますね。
順位ではバーレーンの上にいますが、
残念ながら1対1で勝てていたのは英と中沢ぐらい。

実は、やっとチャンピオンズリーグの決勝(ACミランvsアーセナル)
を見たのですが、素人の目からでも勉強になるプレーがたくさんありました。
攻めで特に美しかったのは、クレスポとシェバの位置交換。
カカがフィールド真ん中左よりで、ボールをキープ。
すると、DFラインはカカの方向に体を向けられる。
そのカカとDFラインの間をフィールド真ん中から斜めに左コーナーに向けて
クレスポがパスを要求しながら走りこむ。(オフサイドラインに気を配りながら)
当然、DFは左寄りにゾーンを組み始める。
その動き出しに合わせて、シェバがDFの裏(つまりフィールド右側)に
フィールドの真ん中(クレスポが最初に居たところの近く)から
飛び出して、最後はグラウンダーのクロス。クレスポが押し込んでゴール。
こういう動きは、日本のチームに必要だな、と思いました。

DFでは、体の寄せ方ですね。アーセナルのフィールド中央45mフリーキック。
エリア内の攻め手左側、ゴールポストから10m程度に、浮いた玉が放り込まれる。
ジェラードが走り込み、合わせようとするが、落下地点の近くで、
スタムがジェラードに体を寄せて、じっと動かないでいる。
ボールは2人の上を越えて、ゴールキックに。
フリーキックそのものは絶妙で、頭が触れるだけで、おそらくゴールでした。
しかし、スタムは、そのコースの上で『動かずに』いるだけで
ジェラードの動きを止めたのです。飛びもせず、競り合いもせずに。
これは、体格的に劣る日本にとって、大事なテクニックだと思います。

確かに、体を大きくしたり、明日からロナウジーニョみたいなプレーをしたり、
ということは不可能です。でも、出来ることはたくさんあるはずです。
言うほど簡単ではないと思いますが、『個々のレベルアップ』を図り、
イラン戦では、雪辱を果たして欲しいと思います。
W杯で、少しでも上に行きたいのであれば、予選の1位通過は、
大きなアドバンテージになるはずですから。
posted by Tomo at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。