2005年06月04日

日本代表酷評

とりあえず、日本代表おめでとう!
大方の予想通り、これでW杯出場は間違いないでしょう。
そして、新布陣や起用について、
メディアは褒め称えることでしょう。
それはそれで良いのですが、目標が予選突破では
志が低すぎるのではないかと思うのです。
というわけで、少し批判的な見方をしてみたいと思います。

まず、決定力不足ですね。今に始まった問題ではないですが。
相手の力量に関わらず、チャンスで決められるかどうかは
試合を大きく左右します。もちろん、拮抗した試合であれば、
そのチャンスの回数は減り、その精度が結果となります。
どの布陣でも、ここに一抹の不安を覚えてしまいます。
一番良いのはシェフチェンコのように、
『こいつを90分間ピッチに置いておけば1点は取ってくれる』
と、あらかじめ得点を計算できる選手を育てることです。
これは、勝つとか負けるとか考えずに、
常にトップに置いておく必要があります。
調子が悪ければ、悪いなりに点を取れる選手が欲しいですね。
言及しているメディアを見たことがないですが、
柳沢のポジションを大久保やるのは、おもしろいのではないかと、
個人的には思ったりしています。

次に、巧さですね。
どんなに個々の能力では劣らないとは言われていても、
宮本は1対1で負けていますし、高いボールは中沢が必要になります。
センタリング≠クロスを理解しているクラスのチームなら
今の日本をいくらでも切り崩せるはずです。
そういう「強さ」に耐え得る「巧さ」を身に着ける必要があると思います。
そのために、どんどんDFも海外に売り出す方が良いでしょう。
当面は、「ジーコの放り込み」でポジションの巧さを身につけ、
コンフェデ杯などで確認していくしかないのでしょう。

あとは、みんながダイレクトプレイを心がける、ということ。
他の国にコメントを求めると、必ず言われるのが
「日本はスピードのあるチームだと思っています」です。
でも、そのスピードについていけていない人がいるのも事実。
ダイレクトプレイがあるからこそ、ドリブル突破の選択肢も生きるわけで。
今回の得点も俊輔からのダイレクトパス。
そのためには、もっと、トラップが巧くならないと・・・と、思います。
でも川口は、ポストにスルーパスとか、しなくて良いから(笑)
ホント怖いです。

まだ、W杯には少し時間があります。
せめて、FIFAランキングに見合った結果が残せるように、
修正を重ねていって欲しいと思います。
posted by Tomo at 12:55| Comment(5) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。